Masayuki

近畿大学経営学部准教授の山縣正幸です。
企業行動論・企業発展論などを担当してます。

記事一覧(56)

山縣ゼミ第8期、修了。

2018年3月17日、近畿大学では卒業式がありました。卒業式の日に、山縣ゼミではゼミの修了式を毎年やってます。もちろん、今年もやりました。この第8期は、山縣ゼミとして初めて企業とのプロジェクトに挑んだ代。大阪労働協会さんが実際の運営を担当された大阪府の事業〈P-DASH〉(←大阪の中堅・中小企業の魅力をインターンシップを通じて知り、それをプロモーションするという内容)に参加しました。私自身もいろいろ手探りのなかで、6チームともに悩みながらも頑張っていたと思います。その一方で、Facebookでの私の投稿では有名になってしまった話ですが、この第8期は卒論に関して、ほんまによく怒りました。別に声を荒げたりしてはいません。が、「それ何?どういうつもりなん?」とか、「で?」とか私から言われた頻度だけでいえば、なかなかトップクラスでありましょう。にもかかわらず(?)、ひじょうに人懐っこく、またメンバーどうしも異常なくらいに(笑)仲の良い代でもありました。私抜きに男子旅行、女子旅行、有志旅行(これがまた参加率高いw)などなど、いろいろ遊んで、つながりを深めていました(←これはひがんで言うてるのではありません。逆に、私がいなくても、メンバーたちだけで集まって遊ぶってのは、素晴らしいことなのです)。その第8期の23名が近畿大学を卒業し、山縣ゼミを修了していきました。

山縣ゼミ第10期メンバー内定者、決めました。

山縣ゼミ9th、揉み扱かれました。笑

昨日は〈プロジェクトコンセプトシェアリングセミナー〉なる長ったらしい名前のイベントを開催しました。要は、ゼミで進めている産学連携のプロジェクトに関して、考えてるコンセプトを報告して、ゲストの方に“揉んで”いただくと同時に、それぞれのチーム間でもアイデアやコメントを出しあってブラッシュアップを図ろうというものです。お招きしたゲストはセメントプロデュースデザイン代表取締役の金谷勉さん。各地の伝統工芸や技術を、現代において求められるかたちでどのように商品化するのか(モノ)、その際にはどのような流れで顧客の手許に届けるのか(ミチ)、そしてそれらの根源として顧客にどんな体験を提供するのか(コト)を深く掘り下げて、「コト」「モノ」「ミチ」をつなげてデザインすることをメインに活動されています。昨年にご縁をいただいて以来、何らかのかたちでご一緒したいと考えていました。それが今回このようなかたちで実現したわけです。お忙しい中、わざわざお運びくださったことに、まずもって御礼申し上げます。かと申して、金谷さんを山縣ゼミで独り占めするのはいかにも申し訳ないので、廣田章光先生のゼミと松本誠一先生のゼミにお声がけして、有志の方にも参加いただきました。そして、プロジェクト先の方々にもお越しを願いました。いつもありがとうございます。さて、各チームから報告。